マツダ・デミオ(後編)

マツダは2014年7月17日、新型「デミオ(海外名:Mazda2)」の生産を防府第1工場(山口県防府市)で開始し、それに伴い外観や内装などの写真を世界初公開した。

発 売は2014年秋になる予定。それに先立ち、7月19日から順次、全国7都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)で展示イベントが実施され る。東京では7月19日(土)から8月24日(日)まで、六本木けやき坂入り口交差点で新型デミオのプロトタイプが展示される。(webCG)

――カースコープ:マツダ・デミオ(前編)はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • 100台限定、5段MTの「フィアット500」が登場 2017.6.28 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット500」に特別仕様車「500S Plus」を設定。2気筒の「ツインエア」エンジンに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた限定モデルで、100台が限定販売される。価格は236万5200円。
  • 谷口信輝の新車試乗――日産GT-Rプレミアムエディション(前編) 2017.6.29 mobileCG SUPER GTで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産GT-R」に試乗する。デビューから10年を経たR35型GT-Rは、どこまで熟成されたのか。かつてR35を所有していた谷口が、オーナー目線で語る!
ホームへ戻る