2014年7月17日、ランボルギーニの新型スーパースポーツカー「ウラカンLP610-4」が日本デビューを果たした。発表会場に展示された、ニューモデルの姿を写真で紹介する。(関連ニュース

関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露 2017.4.15 自動車ニュース ランボルギーニ・ジャパンは2017年4月14日、「アヴェンタドール」の進化版である「アヴェンタドールS」を披露した。6.5リッターV12エンジンの最高出力は、従来比40psプラスの740psへと強化された。車両価格は4490万4433円。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る