新型「スマート」も登場! 「スマートタイムズ2014」in ポルトガル

2014.07.28 画像・写真

「スマート」の国際ファンミーティング「スマートタイムズ2014」が、2014年7月17日から19日まで、ポルトガルのビーチリゾート、カスカイス(キャシュキャイス)で開催された。
会場には31の国と地域から約2380人のファンが参集。18日に開催されたオープニングイベントには、ダイムラーAGのスマート担当重役アンネッテ・ヴィンクラー氏が登場。2日前にベルリンで報道発表したばかりの3代目「スマート・フォーツー」のステアリングを握ってステージに現れるというサプライズを演じて盛り上げた。

続く19日には近郊のエストリルサーキットを基点にパレードが開催され、このイベント史上最高の1427 台が参加した。参加者たちは、ヴィンクラー女史が運転する新型スマートを先頭に、かつてF1グランプリが行われていたコースを走ったあと、公道に移り、周辺住民やリゾート客の声援を浴びながら4時間近いクルーズを楽しんだ。ちなみに、先導も地元警察において日頃現役で活躍しているスマートが務めた。

そして夜10時になると、ブラームスのハンガリー舞曲第5番が大音量で流れ、2015年の開催地がブダペストであることが告げられた。新型スマートの欧州発売は2014年11月。われ先にと新型のキーを手にした熱烈なスマーティストが、何台くらいドナウ川の街に参集するか、今から興味深い。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo  OYA>)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
ホームへ戻る