「スマート」の国際ファンミーティング「スマートタイムズ2014」が、2014年7月17日から19日まで、ポルトガルのビーチリゾート、カスカイス(キャシュキャイス)で開催された。
会場には31の国と地域から約2380人のファンが参集。18日に開催されたオープニングイベントには、ダイムラーAGのスマート担当重役アンネッテ・ヴィンクラー氏が登場。2日前にベルリンで報道発表したばかりの3代目「スマート・フォーツー」のステアリングを握ってステージに現れるというサプライズを演じて盛り上げた。

続く19日には近郊のエストリルサーキットを基点にパレードが開催され、このイベント史上最高の1427 台が参加した。参加者たちは、ヴィンクラー女史が運転する新型スマートを先頭に、かつてF1グランプリが行われていたコースを走ったあと、公道に移り、周辺住民やリゾート客の声援を浴びながら4時間近いクルーズを楽しんだ。ちなみに、先導も地元警察において日頃現役で活躍しているスマートが務めた。

そして夜10時になると、ブラームスのハンガリー舞曲第5番が大音量で流れ、2015年の開催地がブダペストであることが告げられた。新型スマートの欧州発売は2014年11月。われ先にと新型のキーを手にした熱烈なスマーティストが、何台くらいドナウ川の街に参集するか、今から興味深い。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo  OYA>)

関連記事
  • 「スマート・フォーツー/フォーフォー」ターボモデルの発表会場から 2016.8.3 画像・写真 コンパクトカー「スマート・フォーツー/フォーフォー」のターボエンジン搭載モデルが、3車種そろってデビュー。2016年8月3日から、順次販売が開始される。「Mercedes me Tokyo HANEDA」で開催された、発表会の様子を写真で紹介する。
  • 「スマート・フォーツー ターボ」がカタログモデルに 2016.12.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのモデルラインナップに「スマート・フォーツー ターボ」を追加設定し、販売を開始した。現行モデルのスマート・フォーツーがカタログモデルとして導入されるのは今回が初めて。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る