新型「スマート」も登場! 「スマートタイムズ2014」in ポルトガル

2014.07.28 画像・写真

「スマート」の国際ファンミーティング「スマートタイムズ2014」が、2014年7月17日から19日まで、ポルトガルのビーチリゾート、カスカイス(キャシュキャイス)で開催された。
会場には31の国と地域から約2380人のファンが参集。18日に開催されたオープニングイベントには、ダイムラーAGのスマート担当重役アンネッテ・ヴィンクラー氏が登場。2日前にベルリンで報道発表したばかりの3代目「スマート・フォーツー」のステアリングを握ってステージに現れるというサプライズを演じて盛り上げた。

続く19日には近郊のエストリルサーキットを基点にパレードが開催され、このイベント史上最高の1427 台が参加した。参加者たちは、ヴィンクラー女史が運転する新型スマートを先頭に、かつてF1グランプリが行われていたコースを走ったあと、公道に移り、周辺住民やリゾート客の声援を浴びながら4時間近いクルーズを楽しんだ。ちなみに、先導も地元警察において日頃現役で活躍しているスマートが務めた。

そして夜10時になると、ブラームスのハンガリー舞曲第5番が大音量で流れ、2015年の開催地がブダペストであることが告げられた。新型スマートの欧州発売は2014年11月。われ先にと新型のキーを手にした熱烈なスマーティストが、何台くらいドナウ川の街に参集するか、今から興味深い。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo  OYA>)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド/フォーフォー ターボ【試乗記】 2016.9.29 試乗記 第3世代となる現行型のスマートに、ターボエンジン搭載モデルが登場。その走りは、先行デビューした自然吸気モデルとどう違うのか。2シーターオープンと4シーター、それぞれの持ち味をチェックした。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース
  • スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.13 試乗記