2014年9月13日、14日、静岡県小山町の富士スピードウェイで、「フェラーリ・レーシング・デイズ 富士2014」が開かれた。これはフェラーリ・ジャパン主催のオーナーおよびファン向けのイベントで、3回目となる今回は過去2回が実施された鈴鹿サーキットから富士スピードウェイに舞台を移しての開催となった。とはいうものの、前身となる「フェラーリ・フェスティバル」は富士で開かれていたので、戻ってきたというべきなのかもしれない。メインイベントは過去2回と同様、「458チャレンジEVO」による世界最高峰のワンメイクレース「フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ アジア・パシフィック」。前々回のミカ・サロ、前回の小林可夢偉に続き、今回は元F1ドライバーで、2010年以降はフェラーリのGTドライバーとして活躍しているジャンカルロ・フィジケラがスペシャルゲストとして参戦、レースを盛り上げた。そのほか「ラ・フェラーリ」を筆頭とするスペシャルマシンのデモランや展示、腕自慢のゲーマーたちがグランツーリスモ6でフィジケラにチャレンジする「Shell V-Power EXCITING CHAMPIONSHIP」など、さまざまなプログラムが用意されていた。アジア最大級のフェラーリ・イベントをうたうだけあって、2日間で延べ750台以上のフェラーリが集まった会場の様子を、写真で紹介しよう。
(文と写真=沼田 亨)

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2016.1.14 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ「488GTB」に試乗。670psと760Nmを生み出す3.9リッターV8ターボユニットは、ミドシップフェラーリの歴史にいかなる1ページを加えたのだろうか?
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る