フェラーリ458スペチアーレA

伊フェラーリは2014年9月25日、限定モデル「458スペチアーレA」の概要を発表した。その姿を写真で紹介する。

「458スペチアーレ」がクーペボディーであるのに対し、「458スペチアーレA」はスパイダーのボディーを用いている。Aはオープンカーを意味するAperta(アペルタ)の頭文字をとったもの。FIA世界耐久選手権(WEC)やルマン24時間レースを始めとする、さまざまなレースにおける458シリーズの活躍ぶりを祝福することを目的に、499台が作られる予定だ。

458スペチアーレと同様に、605psと55.1kgmを発生する4.5リッターV8自然吸気エンジンを搭載し、0-100km/h加速は3.0秒。同社のテストコースであるフィオラーノ・サーキットのラップタイムは1分23秒5と発表されている。(webCG)