2014年9月27日、28日の2日間、静岡県熱海市の長浜海浜公園およびその周辺でヒストリックカーイベント「熱海HISTORICA G.P.」が開かれた。3回目となる今回のプログラムは、27日が長浜海浜公園での車両展示と熱海市内およびビーチ周辺のパレード(ツーリング)、28日がアカオハーブ&ローズガーデン内の特設コースにおけるヒルクライムと、マリンスパあたみ前広場周辺での車両展示だった。エントリー資格は3種類あり、グループAは車名が熱海の“A”から始まる新旧アルファ・ロメオ&アストン・マーティン、グループBは1990年までに製造されたモデル、グループCが希少車/マイクロ&バブルカー/360cc軽/正統派レプリカモデルなど。つまり一般的な旧車イベントに比べ門戸が広いわけで、軽自動車からスーパーカー、戦前の超高級車までバラエティーに富んだ300台近いモデルが集まった。2日間とも絶好のイベント日和に恵まれ、大勢のギャラリーも訪れ盛況に終わった会場から、リポーターの印象に残った車両を紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)