パリサロン2014の会場から(その9)

2014.10.04 画像・写真

フェラーリが605psのオープン2シーター「458スペチアーレA」をパリモーターショーに出展。そのディテールを写真で紹介する。(写真=webCG取材チーム)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • 谷口信輝の新車試乗――フェラーリ812スーパーファスト(前編) 2018.6.14 mobileCG 最高出力800psを誇る“跳ね馬”「812スーパーファスト」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。「史上最強・最速のロードゴーイング・フェラーリ」とうたわれるスーパースポーツの印象を報告する。
  • 最強のFRフェラーリ、F12tdf登場 2015.10.20 自動車ニュース フェラーリが、2015年11月8日にムジェッロで開催される「フィナーリ・モンディアーリ」において、「F12tdf」を正式発表する。同車は「F12」の高性能モデルにあたり、最高出力780ps、最大トルク71.9kgmを発生。0-100 km/hは加速2.9秒という動力性能を実現している。
ホームへ戻る