独アウディは2014年12月12日、新型「Q7」の概要を発表した。その姿を写真で紹介する。

新型のボディーサイズは全長5.05×全幅1.97×全高1.74mと、従来型より若干短く、幅も狭くなっている。しかし乗員および荷室スペースはともに広がっているという。またアルミを多用した新しいシャシーの採用により、従来型と比較して最大325kg(3.0 TDIモデルの場合)の軽量化を達成しているという。

発表時に用意されるエンジンは、ガソリンが3リッターV6スーパーチャージャー付き(333ps)と2リッター直4ターボ(252ps)、ディーゼルが2種の3リッターV6ディーゼルターボ(272ps/218ps)。そして2015年には、3リッターV6ディーゼルターボとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドモデル「Q7 e-tron クワトロ」が追加される予定。

なお実車はデトロイトショー2015(会期:2015年1月12日~1月25日)で一般公開されると見られる。

(webCG)

関連記事
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
ホームへ戻る