欧州を流浪するコラムニスト・大矢アキオの第85回ジュネーブショー訪問記。後編は街角の様子をお届けする。イタリアにすっかり根を下ろしてしまった筆者だが、隣国スイスのジュネーブを走るクルマ生態系は、常にエキサイティングだ。何度滞在しても、びっくり、かつ戸惑うこと数々。極めつけは「外交官の街」に似合わぬレトロな、あの電化製品だった……。
(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)