「シトロエンDS 60周年ミーティング」の会場から

2015年4月26日、静岡県掛川市のヤマハリゾートつま恋で「シトロエンDS 60周年ミーティング」が開かれた。1955年のパリサロンで「DS」が衝撃的なデビューを飾ってから、今年でちょうど60年。それを記念してオーナー有志が企画したのがこのミーティングで、当日は27台のDSシリーズが集まった。また今年は、DSからちょうど半世紀後の2005年に登場した「C6」の生誕10周年にもあたる。こちらも同時に祝うべく呼びかけたところ、同じく27台が参加。当日参加可能のため、同数になったのは偶然である。さらにそれら兄弟たちのアニバーサリーを祝おうと、古くは誕生を戦前にまでさかのぼる「11CV」から現行の「DS3」までの新旧シトロエンも集結。好天に恵まれた会場は、主役のDS、C6を含め100台以上の歴代モデルが集う「春のシトロエン祭り」となったのだった。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】 2013.10.6 試乗記 シトロエンのプレミアムコンパクト「DS3」に、セミオープンの「DS3カブリオ」が登場。ボディーの随所に散りばめられた、ダブルシェブロンの魅力とアイデンティティーに触れた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • 特殊な塗装をまとう「DS 3 ダークサイド」限定発売 2017.9.4 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年9月4日、60台限定の特別仕様車「DS 3 ダークサイド」を発表。同日、DSストアおよびDSサロンにおいて先行販売を開始した。今後、全国のディーラーでも販売される。
ホームへ戻る