2015年5月10日、東京都江東区のアムラックストヨタMEGA WEB(メガウェブ)で「トヨタスポーツ800 生誕50周年記念イベント in MEGA WEB」が開かれた。
1965年4月に発売された通称ヨタハチこと「トヨタスポーツ800」(形式名UP15)は、大衆車である初代「パブリカ」のコンポーネンツを流用して生まれた、トヨタ初のスポーツカーである。着脱可能なタルガトップ風ルーフを備え、1台でオープンとクローズドクーペの双方が楽しめるヨタハチは、今見ても魅力的なライトウェイトスポーツだが、そのコンセプトは合理的で明快だった。パワーユニットは最高出力45psしかない800ccの空冷フラットツインだが、それを軽量コンパクト(車重580kg)で空力特性に優れた(Cd値0.32)ボディーに積むことで非力さを補い、最高速度155km/hというパフォーマンスと軽快なハンドリングを実現。その効率を追求したパッケージングは、現代のクルマ作りにも通じるものがあるといえよう。
オーナー有志によって企画されたこの生誕50周年記念イベントは、ここMEGA WEBにおける東京大会のほか、前日の5月9日にはトヨタ博物館で愛知大会を開催、さらに4都市のトヨタディーラーでも地方ミーティングが実施されるという、力の入ったものである。MEGA WEBでの参加台数は103台と、トヨタ博物館の83台を上回る最大規模となったが、うち30台以上が、熱心なオーナーによる2日連続での参加という。ちなみにヨタハチの生産台数は、諸説あるが3000台強といわれているので、うち半世紀を生き延びた約30分の1が参加したというわけだ。好天に恵まれ、大勢のギャラリーも訪れてにぎわった、誕生会の様子を写真で紹介しよう。
(文と写真=沼田 亨)