2015年5月9日、千葉県佐倉市の佐倉市民の森 芝生広場および周辺で旧車イベント「第5回サクラ・オートヒストリーフォーラム」が開かれた。地元佐倉市の旧車愛好家による実行委員会が主催するこのイベントは、2011年に初開催。5回目となる今回は、昨年まで使用していた佐倉市内のDIC川村記念美術館から、佐倉市民の森 芝生広場に会場を移しての開催となった。緑に囲まれた新会場のロケーションは良好だが、面積は以前より狭くなってしまったため、当初は募集台数を昨年より20台少ない60台としていた。しかし早々に応募台数がオーバー、急きょ近隣の佐倉草ぶえの丘に第2会場を設け、合わせて100台が展示されることとなった。なお参加資格は1985年までに生産された、オリジナル状態を保っている車両である。会場では車両展示のほか、日本自動車殿堂理事の寺本 建氏やモータージャーナリストの飯田裕子氏らをゲストに迎えてのレクチャーやトークショーなども実施。また自動車関連のフリーマーケットや飲食物の出店もあるという硬軟取り混ぜた構成で、来場者を楽しませていた。
(文と写真=沼田 亨)