2015年5月30日と31日、長野県小諸市の高峰チェリーパークラインにおいて「浅間ヒルクライム2015」が開催された。同イベントは2012年から開催されており、昨年からはチェリーパークラインを完全封鎖したヒルクライムイベントへと成長。今年も参加台数は約130台と大盛況だった。

しかし、今年は初日の午前の部でアクシデントが発生し、午後のヒルクライム走行も含め、初日の走行イベントはその時点で中止となってしまった。地元警察と小諸市はアクシデントに関して、主催者に落ち度はなく、ドライビングミスによるものと判断。主催者も一部運営方法の見直しをすることで、翌31日のイベント開催を決定した。

一時は中止を考えたと主催者は言う。しかし決行することで地元に貢献するイベントであるということを証明し、名誉挽回を図ることで翌年の開催につなげたいとした。これらのことを全て参加者に包み隠さず語るとともに、皆でこのイベントを育てていこうという主催者の姿勢に、参加者からは称賛の拍手が送られた。

(文=内田俊一/写真=内田俊一、内田千鶴子、高橋 学)