「フィアット・バルケッタ」の“本場”で誕生20周年ミーティング

2015.07.06 画像・写真

イタリアの「フィアット・バルケッタ」愛好会「バルケッタ・クラブ・イタリア」は、2015年6月22日から28日にかけて国際ミーティングを開催した。
今回は、1995年に同車の生産が開始されてから20周年を記念したもの。南部ナポリを出発し、首都ローマのフィアット旗艦ショールーム「モーターヴィレッジ」や、マラネッロの「フェラーリ博物館」などを訪問しながら北上し、フィアットゆかりの地トリノに達するコースがとられた。
トリノでは、後期型の生産拠点であったミラフィオーリ工場などとともに、フィアットの旧工場「リンゴット」も訪問。工場ビルの象徴である屋上テストコースも楽しんだ。全ルートだけでなく、一部ルートのみ参加可能という“ゆるい”レギュレーションだったが、リンゴット訪問日を例にとれば100台近くが集まった。
ところで、こうしたイベントの場合オーガナイザーは、ワゴン車などで追うことが普通だが、今回の場合、そうした車はなし。彼らは訪問地で必要なツールから参加者に配る記念品まで、すべてバルケッタに分載してやってのけた。日頃からの慣れたバルケッタ使いと、「いつでも愛車と一緒」という熱いパッションが感じられた。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・バルケッタ(5MT)【ブリーフテスト】 2004.12.28 試乗記 ……292万9500円
    総合評価……★★★★

    イタリアン2シータースポーツの「フィアット・バルケッタ」がフェイスリフト。ライバルがモデルチェンジする中で、デビューしてからすでに10年が経つ古株モデルに、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • フィアット・バルケッタ/ヒュンダイ・クーペ【試乗記】 2005.3.17 試乗記 フィアット・バルケッタ(FF/5MT)/ヒュンダイ・クーペ(FF/4AT)


    「輸入車の祭典」JAIAは、「日陰のモデル」に触れるチャンスでもある。地味ではあるが、日本車に足りない部分をカバーしてくれている2台のクルマ、「フィアット・バルケッタ」と「ヒュンダイクーペ」に、NAVI編集委員鈴木真人が試乗した。


  • フィアット「バルケッタ リミテッドエディション」に乗る 2000.2.16 自動車ニュース 1996年に日本で発売されたフィアットの2シーターオープンスポーツカー「バルケッタ」に、NAVI編集部アオキ記者が乗った。真っ黒なボディペイントに真っ赤なレザーインテリア。シートの座面と背もたれの身体が触れる部分は、グッチのバッグように、四角いステッチが斜めに並んでいる。クロスオーバーステッチというらしい。「な〜に、気取っちゃってェ」テスト車のフィアット・バルケッタは、リミテッドエディション。リミテッドといいつつ、ディーラーに「バルケッタください」と赴くと、標準モデル283.5万円の在庫がない限り、330.0万円のこちらを買うしかない。追加装備は、ヘッドレスト後方に備わる風の巻き込みを防ぐウィンドストップ、チタンスタイルと呼ばれる艶消しシルバーのセンターパネル、それに15インチの専用アルミホイールなどである。「オマエは庶民派ではなかったのか」と思いながらステアリングホイールを握って、ホッとする。思いのほか(?)シッカリしたフロア、反応のいいエンジン、幌を下ろせば全身を風にさらすかのような開放感、バルケッタの美点は色あせていない。アルミヘッドをもつ1.7リッター・ユニットは、ツインカムながらさして回りたがらないし、官能的なノートを奏でたりもしないけれど、言い換えれば、低回転域からしっかりトルクをつける実用ユニットである。運転に気を使うことなく、隣の女性にちょっかいを出すことができる。フィアットのオープンスポーツは、気が置けないモデルなのだ。スタイルが、アルファほどトガっていないのもイイ。FF車ゆえの高いフロント部を、丸みのあるノーズで包み、肉感的なテイルでバランスを取る。フェラーリのバルケッタこと166を彷彿とさせるラインをボディサイドにうねらせ、ボタンを押すとレバーが飛び出すドアハンドルは、フィアット8Vからの引用だ。歴史に裏打ちされた愛嬌あるカタチは、古くならない。(NAVI編集部 アオキ)
  • 「フィアット・バルケッタ」、装いも新たに登場 2004.8.2 自動車ニュース
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記