「フィアット・バルケッタ」の“本場”で誕生20周年ミーティング

イタリアの「フィアット・バルケッタ」愛好会「バルケッタ・クラブ・イタリア」は、2015年6月22日から28日にかけて国際ミーティングを開催した。
今回は、1995年に同車の生産が開始されてから20周年を記念したもの。南部ナポリを出発し、首都ローマのフィアット旗艦ショールーム「モーターヴィレッジ」や、マラネッロの「フェラーリ博物館」などを訪問しながら北上し、フィアットゆかりの地トリノに達するコースがとられた。
トリノでは、後期型の生産拠点であったミラフィオーリ工場などとともに、フィアットの旧工場「リンゴット」も訪問。工場ビルの象徴である屋上テストコースも楽しんだ。全ルートだけでなく、一部ルートのみ参加可能という“ゆるい”レギュレーションだったが、リンゴット訪問日を例にとれば100台近くが集まった。
ところで、こうしたイベントの場合オーガナイザーは、ワゴン車などで追うことが普通だが、今回の場合、そうした車はなし。彼らは訪問地で必要なツールから参加者に配る記念品まで、すべてバルケッタに分載してやってのけた。日頃からの慣れたバルケッタ使いと、「いつでも愛車と一緒」という熱いパッションが感じられた。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・バルケッタ/ヒュンダイ・クーペ【試乗記】 2005.3.17 試乗記 フィアット・バルケッタ(FF/5MT)/ヒュンダイ・クーペ(FF/4AT)


    「輸入車の祭典」JAIAは、「日陰のモデル」に触れるチャンスでもある。地味ではあるが、日本車に足りない部分をカバーしてくれている2台のクルマ、「フィアット・バルケッタ」と「ヒュンダイクーペ」に、NAVI編集委員鈴木真人が試乗した。


  • フィアット・バルケッタ(5MT)【ブリーフテスト】 2004.12.28 試乗記 ……292万9500円
    総合評価……★★★★

    イタリアン2シータースポーツの「フィアット・バルケッタ」がフェイスリフト。ライバルがモデルチェンジする中で、デビューしてからすでに10年が経つ古株モデルに、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • 「フィアット・バルケッタ」、装いも新たに登場 2004.8.2 自動車ニュース フィアットオートジャパンは、オープン2シーター「フィアット・バルケッタ」のフェイスリフト版の予約受付を、2004年7月31日に開始した。デリバリーは9月中旬の予定。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る