イタリアの「フィアット・バルケッタ」愛好会「バルケッタ・クラブ・イタリア」は、2015年6月22日から28日にかけて国際ミーティングを開催した。
今回は、1995年に同車の生産が開始されてから20周年を記念したもの。南部ナポリを出発し、首都ローマのフィアット旗艦ショールーム「モーターヴィレッジ」や、マラネッロの「フェラーリ博物館」などを訪問しながら北上し、フィアットゆかりの地トリノに達するコースがとられた。
トリノでは、後期型の生産拠点であったミラフィオーリ工場などとともに、フィアットの旧工場「リンゴット」も訪問。工場ビルの象徴である屋上テストコースも楽しんだ。全ルートだけでなく、一部ルートのみ参加可能という“ゆるい”レギュレーションだったが、リンゴット訪問日を例にとれば100台近くが集まった。
ところで、こうしたイベントの場合オーガナイザーは、ワゴン車などで追うことが普通だが、今回の場合、そうした車はなし。彼らは訪問地で必要なツールから参加者に配る記念品まで、すべてバルケッタに分載してやってのけた。日頃からの慣れたバルケッタ使いと、「いつでも愛車と一緒」という熱いパッションが感じられた。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

関連記事
  • 「フィアット・バルケッタ」の“本場”で誕生20周年ミーティング 2015.7.6 画像・写真 トリノ・リンゴットに集まった「バルケッタ」の国際ミーティングを写真で紹介。
  • フィアット・バルケッタ(5MT)【ブリーフテスト】 2004.12.28 試乗記 ……292万9500円
    総合評価……★★★★

    イタリアン2シータースポーツの「フィアット・バルケッタ」がフェイスリフト。ライバルがモデルチェンジする中で、デビューしてからすでに10年が経つ古株モデルに、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • フィアット、レザー仕様の「バルケッタ」発売 1999.6.25 自動車ニュース フィッアットオートジャパンは、「フィアットバルケッタ」に限定モデル「リミテッド」を設定、7月3日より発売する。「フィアットバルケッタリミテッド」は、専用の内外装を与えられた仕様で、日本では100台の限定で発売される。価格は330.0万円だ。外観上の特徴は、フロントバンパー組み込み型スポイラーをはじめ、15インチアルミホイール、フロントフォグランプ、インテリアの同系色のソフトトップ(赤も用意されている)などにある。内装面では革張りシートをはじめ、革巻ステアリングホイールおよびシフトノブが最大の特徴だ。加えてキルティングタイプのクロスステッチが施され、雰囲気を出している。内装色は「レッドスタイル」(赤)とブラックの2パターンで、外板色に合わせての設定となる。レーシングレッドの外板色にはブラックレザー(にブラックソフトトップ)、シルクブラックメタリックにはレッドスタイル(にレッドソフトトップ)、さらにスチールグレーメタリックにもレッドのコンビネーションという具合だ。装備としては、風の巻き込みをおさえるウインドストップをはじめ、シート後方に装着されたオーディオ用サブウーファースピーカー、フロントローディング式CDプレイヤーなどが採用された。ドライブトレインはこれまでのモデルと変わらず、130馬力の1.8リッター4気筒DOHCエンジンに5段マニュアルトランスミッションの組み合わせとなる。カラーでお見せできないのが残念です。僕も見たかった......。(Web CG オガワ)
  • 「フィアット・バルケッタ」、装いも新たに登場 2004.8.2 自動車ニュース フィアットオートジャパンは、オープン2シーター「フィアット・バルケッタ」のフェイスリフト版の予約受付を、2004年7月31日に開始した。デリバリーは9月中旬の予定。
  • 「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場 2016.11.2 自動車ニュース オーテックジャパンが、日産のコンパクトカー「ノート」の新しいカスタマイズモデル「モード・プレミア」を12月に発売すると発表。高級感を重視した特別な内外装が特徴で、オプションで運動性能を高める「ツーリングパッケージ」も用意されている。
ホームへ戻る