ダイハツ自慢の生産工場「コペンファクトリー」訪問記

ダイハツ工業は2015年6月、大阪府池田市の同社本社第二地区に設けられた、オープン軽「コペン」のボディー骨格生産ラインと、同車の専用生産施設である「コペンファクトリー」を、報道陣に初めて公開した。
以前は「エキスパートセンター」として先代コペンを、さらに前には「ミゼットII」を生産していた“工房”は、新型コペンの発表を機に設備の総替えを実施。最新設備を導入する一方で、人の手を使った精密な小規模生産ラインも構築し、日々コペンを送り出している。
現行型コペンの生産累計は、2015年5月末現在で1万753台。同年6月の生産ペースは月産440台だった。生産に関わる人員は120人で、工程数はボディー、塗装、組み立て(コペンファクトリーにて実施)の全68工程。その中から、ボディー生産や最終組み立て、検査などの様子を写真で紹介する。
(文と写真=岩尾信哉)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • ダイハツ・コペン セロに装備充実の“S”登場 2015.12.24 自動車ニュース ダイハツ工業は2015年12月24日、軽乗用車のオープンカー「コペン セロS」を発売した。
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
ホームへ戻る