FCAジャパンは2015年7月8日、「アバルト695 Biposto(695ビポスト)」を同年9月1日に発売すると発表した。
695ビポストは、1.4リッターエンジンの最高出力を190psまで高めるとともに、大幅な軽量化を行った「アバルト500」シリーズの高性能モデルである。アバルトでは同車を競技専用車「695 Assetto Corse(アセットコルセ)」の公道版と位置づけており、フルスペック仕様にはレースなどで使われるドグリングトランスミッションが搭載される。(関連ニュース

関連記事
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.1 試乗記 アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)
    ……569万5000円(テスト車=同じ)

    「フィアット500」をベースにチューンした「アバルト500」の、そのまたハイチューン版コンプリートカーが、「アバルト695トリブートフェラーリ」だ。“アバルト”と“フェラーリ”、ふたつのブランドを冠するスーパーハッチの乗り味は?
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 5段MTを搭載した「フィアット500S」発売 2016.12.6 自動車ニュース FCAジャパンは、「フィアット500」の5段MTモデル「500S」を、2016年12月10日に発売する。エンジンは85psと14.8kgmを発生する0.9リッター直2ターボの「ツインエア」を搭載。150台の限定販売で、価格は234万3600円。
ホームへ戻る