伊フェラーリは2015年7月28日、「フェラーリ488スパイダー」の概要を発表した。

同車は「488GTB」をベースとした2シーターのオープンモデルであり、ルーフには14秒で開閉するリトラクタブルハードトップを採用。スペースフレームシャシーにはマグネシウムをはじめとした非腐食性金属を組み合わせた11種類の異なるアルミニウム合金を用いており、クーペモデルと同等のねじり剛性とビーム剛性を実現している。

エンジンは3.9リッターV8ツインターボで、670ps/8000rpmの最高出力と77.5kgm/3000rpmの最大トルクを発生。動力性能については、0-100km/h加速が3.0秒、0-200km/h加速が8.7秒、最高速は325km/h以上とアナウンスされている。(関連ニュース

関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
ホームへ戻る