伊フェラーリは2015年7月28日、「フェラーリ488スパイダー」の概要を発表した。

同車は「488GTB」をベースとした2シーターのオープンモデルであり、ルーフには14秒で開閉するリトラクタブルハードトップを採用。スペースフレームシャシーにはマグネシウムをはじめとした非腐食性金属を組み合わせた11種類の異なるアルミニウム合金を用いており、クーペモデルと同等のねじり剛性とビーム剛性を実現している。

エンジンは3.9リッターV8ツインターボで、670ps/8000rpmの最高出力と77.5kgm/3000rpmの最大トルクを発生。動力性能については、0-100km/h加速が3.0秒、0-200km/h加速が8.7秒、最高速は325km/h以上とアナウンスされている。(関連ニュース

関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編) 2016.5.26 mobileCG SUPER GTやD1グランプリで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が「フェラーリ・カリフォルニアT」に試乗。意外やフェラーリを操るのは今回が初めてという谷口。雨の箱根で560psの跳ね馬の手綱を引いた感想は?
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【海外試乗記】 2015.11.17 試乗記 「フェラーリ488」シリーズに早くも加わったオープントップモデル「488スパイダー」にイタリアで試乗した。エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のミドシップスパイダーは、いかなる走りを披露するのか?
ホームへ戻る