スズキ・ソリオ(前編)

スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」をフルモデルチェンジした。

今回の新型は新設計のプラットフォームを採用したことで、大幅な軽量化と車内空間の拡大を実現。パワーユニットは新開発の1.2リッター直4 DOCHエンジンとCVTの組み合わせで、マイルドハイブリッドシステムの採用とも相まって、最高で27.8km/リッター(JC08モード)の燃費性能を実現した。

また安全装備として、ステレオカメラ方式の運転支援システム「デュアルカメラブレーキサポート」を設定している。
関連ニュースはこちら
新型「スズキ・ソリオ」のフォトギャラリー(後編)はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る