スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」をフルモデルチェンジした。

今回の新型は新設計のプラットフォームを採用したことで、大幅な軽量化と車内空間の拡大を実現。パワーユニットは新開発の1.2リッター直4 DOCHエンジンとCVTの組み合わせで、マイルドハイブリッドシステムの採用とも相まって、最高で27.8km/リッター(JC08モード)の燃費性能を実現した。

また安全装備として、ステレオカメラ方式の運転支援システム「デュアルカメラブレーキサポート」を設定している。
関連ニュースはこちら
新型「スズキ・ソリオ」のフォトギャラリー(後編)はこちら

関連記事
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ(後編) 2015.8.26 画像・写真 注目は燃費や予防安全装備だけにあらず。新型「スズキ・ソリオ」は、コンパクトハイトワゴンの本領である使い勝手も改善している。「バンディット ハイブリッドMV」を題材に、内外装のディテールや、収納スペース、快適装備などを写真で紹介する。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
ホームへ戻る