「クラシック・ミニ フェスティバル 富士スピードウェイ2015」の会場から

2015年8月23日、静岡県小山町の富士スピードウェイで「クラシック・ミニ フェスティバル 富士スピードウェイ2015」が開かれた。これは最速ミニ日本一決定戦を頂点とする、クラシック・ミニのレースを中心としたイベントである。クラシック・ミニのサーキットイベントは、西は岡山県の岡山国際サーキット、東は茨城県の筑波サーキット、北は福島県のエビスサーキットなどで開催されているが、富士スピードウェイを舞台とするのは久々のことだという。地理的にも規模的にも全国大会という感じだったが、それにふさわしい盛り上がりだった。カテゴリー別に5つ実施されたレースのエントリー車両が計160台、スポーツ走行がフォーミュラ・クラシックスと呼ばれる葉巻型のシングルシーターを含め158台、そしてファミリー走行が242台で、合わせて560台ものマシンが本コースを走ったのである。そのほかパドックやピットビルには車両展示をはじめ、クラブサイト、ショップ&フリーマーケットなどのコーナーが設けられ、特設ステージではレースクイーンの撮影会やダンサーによる洗車ショーなどのパフォーマンスも実施。広い富士スピードウェイを埋め尽くしたクラシック・ミニのファンを楽しませた。そんな会場から、サーキット走行車両を中心に紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る