「スマート」の国際ミーティング「スマートタイムズ2015」が、ハンガリーのブダペストで、2015年8月28日と29日に開催された。15回目を迎えた今回は、初めての東ヨーロッパの開催であると同時に、初めて首都が舞台となった。また、昨2014年7月に発表された3代目スマートにとっては、初のスマートタイムズとなった。メーカー発表によると、参加者は2476人に達した。
初日の夜はスマートブランドのCEOアネッテ・ヴィンクラー女史が、フランクフルトモーターショーに先駆けて3代目「スマート・フォーツー」のカブリオ仕様に乗ってステージに登場。事実上の一般初公開に、参加者は沸いた。
日付変わって、2日目の朝はF1ハンガリーグランプリで有名な郊外のハンガロリンク・サーキットに集合。パレードで先頭に近いポジションを確保すべく、朝早くからやってくるエントラントもみられた。
そして午後、ヴィンクラー氏の「スマート・フォーツーカブリオ」を先頭にした参加車1207台は、そのままブダペスト市街へ向かい、ドナウ川沿いのクルーズを楽しんだ。
なお今回は場所柄、東欧各国やロシアからの参加も目立ち、スマートファンのさらなる分布拡大を感じる年となった。モスクワからやってきた男性は、「片道1800kmを走って来ました。2016年のドイツ・ハンブルク大会も行きたい!」と顔を輝かせていた。
(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

関連記事 ホームへ戻る