ベントレー・ベンテイガ

2015.09.09 画像・写真

英ベントレーは2015年9月9日、SUVの「ベンテイガ」の画像と概要を発表した。実車はフランクフルトモーターショー(開催期間:2015年9月15日~27日)で公開される予定。

ボディーサイズは全長5141×全幅1998×全高1742mmでホイールベースは2992mm。6リッターW12ツインターボエンジン(608ps、91.8kgm)を搭載し、8段ATが組み合わされる。駆動方式はトルセン式のセンターデフを備えたフルタイム4WDで、駆動力配分は前輪40:後輪60。動力性能は0-100km/h加速が4.1秒、最高速は301km/hと発表されている。

フランクフルトショーで一般公開された後、2016年に入ってから顧客への納車が開始される。また、後にディーゼルエンジン搭載車、プラグインハイブリッド車のほか、7人乗り仕様が追加されることも明らかにされている。(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ベントレー/ブガッティ) 2017.9.15 画像・写真 2017年のフランクフルトショーに、ベントレーは新型「コンチネンタルGT」を出展した。ブラッシュアップされたW12エンジンは、最高出力が635ps、最大トルクは900Nmに達している。1500psを誇るブガッティの「シロン」とともに写真で紹介する。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
ホームへ戻る