英ベントレーは2015年9月9日、SUVの「ベンテイガ」の画像と概要を発表した。実車はフランクフルトモーターショー(開催期間:2015年9月15日~27日)で公開される予定。

ボディーサイズは全長5141×全幅1998×全高1742mmでホイールベースは2992mm。6リッターW12ツインターボエンジン(608ps、91.8kgm)を搭載し、8段ATが組み合わされる。駆動方式はトルセン式のセンターデフを備えたフルタイム4WDで、駆動力配分は前輪40:後輪60。動力性能は0-100km/h加速が4.1秒、最高速は301km/hと発表されている。

フランクフルトショーで一般公開された後、2016年に入ってから顧客への納車が開始される。また、後にディーゼルエンジン搭載車、プラグインハイブリッド車のほか、7人乗り仕様が追加されることも明らかにされている。(webCG)

関連記事
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る