独ダイムラーは2015年9月15日に開幕したフランクフルトショーで4ドアクーペ「コンセプトIAA」を披露した。同じくワールドプレミア(世界初公開)となる「Sクラス カブリオレ」や、「GLK」の後継モデル「GLC」なども併せて画像で紹介する。(コンセプトIAAの関連記事はこちら)

新型「Eクラス」の姿こそ見られなかったものの、メルセデス・ベンツのブースは話題にあふれており、4ドアクーペのコンセプトIAAを始め、Sクラス カブリオレ、GLC、「Cクラス クーペ」などが公開された。

メルセデス・ベンツにとって久々の(1971年の「280SE 3.5カブリオレ」以来とか)4シーター・ラグジュアリーオープンカーとなるSクラス カブリオレは、マルチレイヤーのソフトトップを備え、0.29という優れたCd値も手伝って「世界で最も静かなコンバーチブル」とうたわれる。トップの開閉に要する時間はそれぞれ約20秒。60km/hまでなら走行中に作動させることができる。ボディーのスリーサイズは全長5027×全幅1899×全高1417mm。4.7リッターV8ツインターボエンジン(455ps)を搭載する「S500カブリオレ」と、5.5リッターV8ツインターボ(585ps)の「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」が展示された。

その他、2015年5月に改良を受け、ヨーロッパのユーロ6排ガス規制に対応した「Gクラス」(写真は4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「G500」)や、快適性とスポーツ性が同時に高められたという「Aクラス」のマイナーチェンジモデルも展示された。(写真=webCG取材チーム)

→「メルセデス・ベンツSクラス カブリオレ」の詳しい画像はこちら

関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る