フランクフルトショー2015の会場から(その2)

2015.09.16 画像・写真

独ダイムラーは2015年9月15日に開幕したフランクフルトショーで4ドアクーペ「コンセプトIAA」を披露した。同じくワールドプレミア(世界初公開)となる「Sクラス カブリオレ」や、「GLK」の後継モデル「GLC」なども併せて画像で紹介する。(コンセプトIAAの関連記事はこちら)

新型「Eクラス」の姿こそ見られなかったものの、メルセデス・ベンツのブースは話題にあふれており、4ドアクーペのコンセプトIAAを始め、Sクラス カブリオレ、GLC、「Cクラス クーペ」などが公開された。

メルセデス・ベンツにとって久々の(1971年の「280SE 3.5カブリオレ」以来とか)4シーター・ラグジュアリーオープンカーとなるSクラス カブリオレは、マルチレイヤーのソフトトップを備え、0.29という優れたCd値も手伝って「世界で最も静かなコンバーチブル」とうたわれる。トップの開閉に要する時間はそれぞれ約20秒。60km/hまでなら走行中に作動させることができる。ボディーのスリーサイズは全長5027×全幅1899×全高1417mm。4.7リッターV8ツインターボエンジン(455ps)を搭載する「S500カブリオレ」と、5.5リッターV8ツインターボ(585ps)の「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」が展示された。

その他、2015年5月に改良を受け、ヨーロッパのユーロ6排ガス規制に対応した「Gクラス」(写真は4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「G500」)や、快適性とスポーツ性が同時に高められたという「Aクラス」のマイナーチェンジモデルも展示された。(写真=webCG取材チーム)

→「メルセデス・ベンツSクラス カブリオレ」の詳しい画像はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記