フランクフルトショー2015の会場から(その2)

2015.09.16 画像・写真

独ダイムラーは2015年9月15日に開幕したフランクフルトショーで4ドアクーペ「コンセプトIAA」を披露した。同じくワールドプレミア(世界初公開)となる「Sクラス カブリオレ」や、「GLK」の後継モデル「GLC」なども併せて画像で紹介する。(コンセプトIAAの関連記事はこちら)

新型「Eクラス」の姿こそ見られなかったものの、メルセデス・ベンツのブースは話題にあふれており、4ドアクーペのコンセプトIAAを始め、Sクラス カブリオレ、GLC、「Cクラス クーペ」などが公開された。

メルセデス・ベンツにとって久々の(1971年の「280SE 3.5カブリオレ」以来とか)4シーター・ラグジュアリーオープンカーとなるSクラス カブリオレは、マルチレイヤーのソフトトップを備え、0.29という優れたCd値も手伝って「世界で最も静かなコンバーチブル」とうたわれる。トップの開閉に要する時間はそれぞれ約20秒。60km/hまでなら走行中に作動させることができる。ボディーのスリーサイズは全長5027×全幅1899×全高1417mm。4.7リッターV8ツインターボエンジン(455ps)を搭載する「S500カブリオレ」と、5.5リッターV8ツインターボ(585ps)の「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」が展示された。

その他、2015年5月に改良を受け、ヨーロッパのユーロ6排ガス規制に対応した「Gクラス」(写真は4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「G500」)や、快適性とスポーツ性が同時に高められたという「Aクラス」のマイナーチェンジモデルも展示された。(写真=webCG取材チーム)

→「メルセデス・ベンツSクラス カブリオレ」の詳しい画像はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツE350eアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.12.1 試乗記 「メルセデス・ベンツEクラス」のバリエーションがまたひとつ広がった。Eクラス初となるプラグインハイブリッド車「E350eアバンギャルド スポーツ」のパワーユニットは2リッター直4ターボ+モーター。その走りはいかなるものなのか。
  • 「Eクラス」史上最速の「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」発売 2017.5.31 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月31日、「Eクラス セダン」のトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」を発表し、同日、販売を開始した。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
ホームへ戻る