いよいよ開幕したフランクフルトモーターショー(開催期間:2015年9月15日~27日、一般公開は9月19日から)。メルセデス・ベンツのブースを彩った「Cクラスクーペ」を画像で紹介。同じダイムラーグループのスマートに加わった「フォーツーカブリオ」も併せて紹介する。(Cクラスクーペの関連記事はこちら)

Cクラスクーペの外観はセダンと同様に従来モデルより流麗さを押し出したものとなっている。フロントには中央にスリーポインテッドスターを配置したシングルルーバー付きの「ダイヤモンドラジエーターグリル」を採用。リアには横長のテールランプを採用し、「Sクラスクーペ」に似たイメージでまとめられている。

一方、スマートの話題はオープンモデルの「フォーツーカブリオ」が加わったこと。また、オーナーの好みに応じてフォーツーや「フォーフォー」をカスタマイズできる「テーラーメイド」プログラムを装着した車両や、同車のオーナーミーティング「smart times」に参加したセーフティーカーなども展示された。(写真=webCG取材チーム)

→「メルセデス・ベンツCクラスクーペ」の詳しい写真はこちら 
→「スマート・フォーツーカブリオ」の詳しい写真はこちら 

関連記事 ホームへ戻る