フランクフルトショー2015の会場から(その5)

仏シトロエンは2015年9月15日に開幕したフランクフルトショーで、コンセプトカーの「カクタスM」や、「DS 4」のマイナーチェンジモデルなどを公開した。その詳細を画像で紹介する。

カクタスMはオープンスタイルの2ドアクロスオーバー車。かつてシトロエンが生産していた小型の多目的車「メアリ」からインスピレーションを受けてデザインされたという。(カクタスMの関連記事はこちら)

一方、DS 4はフロントフェイスがコンセプトカーの「Numero 9(ニュメロ・ヌフ)」で示された方向性のものに改められた。また、地上高が30mm上げられたクロスオーバー仕様「DS 4 クロスバック」がラインナップに加わった。(DS 4の関連記事はこちら)(写真=webCG取材チーム)

→「シトロエン・カクタスM」の詳細な画像はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
ホームへ戻る