フランクフルトショー2015の会場から(その7)

いよいよ開幕したフランクフルトモーターショー(開催期間:2015年9月15日~27日、一般公開は9月19日から)。仏ルノーのブースの主役、上級モデルの「タリスマン」と新型「メガーヌ」を画像で紹介する。

タリスマンは「ラグナ」や「ラティチュード」の後継車に当たるルノーの上級モデル。すでにセダンが2015年7月に公開されており、それに続くかたちで今回、エステート(ワゴン)が発表された。セダンは2015年末、エステートは2016年の前半にヨーロッパで発売される予定。(タリスマン エステートの関連記事はこちら)

一方、今回の新型で4代目にあたるメガーヌは、ダイナミックな外観デザインが自慢。ボディーの全長は4359mm、ホイールベースは2669mmと、旧型と比べてそれぞれ64mmと28mm延長されているが、全高は25mm低い1447mmに抑えられている。

ヨーロッパでは2016年の初めに発売され、その時点では2種のディーゼルエンジン(90psと110ps)と、同じく2種のガソリンエンジン(100psと130ps)が用意される。ガソリンの130ps仕様には7段のEDC(デュアルクラッチ式AT)が組み合わされるという。

また、スポーティーな仕様「メガーヌGT」には、205psのガソリンエンジンと、165psのディーゼルが搭載される。さらに2017年の初めには、ディーゼルハイブリッドシステム搭載車が追加される予定。(写真=webCG取材チーム)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る