2015年9月15日に開幕した第66回フランクフルトショー。今回のショーにおける特色のひとつは、「車線逸脱防止&維持アシスト」や「車間距離コントロール」といった先進安全装備が、高級モデルだけでなく普及車種にも搭載され始めたことである。
いっぽうコラムニストの大矢アキオはといえば、ショー本来の目的である自動車取材から逸脱。コンパニオンとの車間距離ならぬ人間距離をより縮めて撮影していたのであった。
(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)