フランクフルトショー2015の会場から(その14)

2015.09.23 画像・写真

BMWグループのロールス・ロイスはフランクフルトショー2015(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型ドロップヘッドクーペの「ドーン」を、同グループのMINIは新型「クラブマン」をそれぞれ発表した。また、BMWアルピナは「B3ビターボ」のマイナーチェンジモデルを発表した。

ロールス・ロイス・ドーンは2ドアクーペ「レイス」がベースのフル4シーターオープンモデル。電動式ソフトトップが開閉に要する時間は22秒で、50km/h以下なら走行中も操作することができる。(写真=webCG取材チーム)

→「ロールス・ロイス・ドーン」の詳しい画像(オフィシャルフォト)はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパー クラブマン(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.26 試乗記 シリーズでもっとも大きなボディーを持つにいたった新型「MINIクラブマン」。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に匹敵する立派なボディーがもたらす走りとは? 1.5リッター直3エンジンを搭載する「クーパー」に試乗した。
  • MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.3 試乗記 フルモデルチェンジですっかり貫禄のついた「MINIクロスオーバー」に、ハイパフォーマンスモデルの「ジョンクーパーワークス」が登場。231psの高出力ガソリンターボエンジンと、シンプルながらも効果テキメンの4WDシステムがかなえる走りを試す。
  • 第455回:よみがえったもう1台のボンドカー 幻のトヨタ2000GTがフル... 2017.11.1 エディターから一言
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記