BMWグループのロールス・ロイスはフランクフルトショー2015(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型ドロップヘッドクーペの「ドーン」を、同グループのMINIは新型「クラブマン」をそれぞれ発表した。また、BMWアルピナは「B3ビターボ」のマイナーチェンジモデルを発表した。

ロールス・ロイス・ドーンは2ドアクーペ「レイス」がベースのフル4シーターオープンモデル。電動式ソフトトップが開閉に要する時間は22秒で、50km/h以下なら走行中も操作することができる。(写真=webCG取材チーム)

→「ロールス・ロイス・ドーン」の詳しい画像(オフィシャルフォト)はこちら