フランクフルトショー2015の会場から(その15)

2015.09.23 画像・写真

フェラーリはフランクフルトショー2015(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で「488スパイダー」を発表した。(関連記事はこちら)

488スパイダーは、V8エンジンをミドシップ搭載したクーペ「488GTB」をベースに、リトラクタブルハードトップを採用したオープンモデル。2分割構造のハードトップは、重なり合いながらキャビンの後方に格納される。開閉に要する時間はそれぞれ約14秒。

488GTBと同じスペックを持つ3.9リッターV8ツインターボエンジン(670ps、77.5kgm)を搭載し、7段デュアルクラッチ式ATが組み合わされる。0-100km/h加速が3.0秒で、最高速は325km/h以上。(写真=webCG取材チーム)

→「フェラーリ488スパイダー」の詳しい画像(オフィシャルフォト)はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【海外試乗記】 2018.3.7 試乗記 フェラーリの新しいV8GT「ポルトフィーノ」に南イタリアで試乗した。この「カリフォルニアT」の後継モデルは、グランツーリスモとして一段と洗練されていただけでなく、跳ね馬の名に恥じない熱い走りを備えていた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
ホームへ戻る