フランクフルトショー2015の会場から(その19)

2015.09.23 画像・写真

フィアット クライスラー オートモービルズはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)でアルファ・ロメオの新型セダン「ジュリア クアドリフォリオ」を一般公開した。また、フィアットブースでは「500」のマイナーチェンジモデルを、ランチアブースでは「イプシロン」のマイナーチェンジモデルをそれぞれ発表した。その様子を画像で紹介する。

ジュリア クアドリフォリオには、フェラーリのテクノロジーが注がれた2.9リッターV6ターボエンジン(510ps、61.2kgm)が搭載される。乾燥重量は1524kgに抑えられており、動力性能は0-100km/h加速が3.9秒、最高速は307km/h。

本国イタリアでの価格は7万9000ユーロ(約1060万円)。欧州では2015年の第4四半期から注文を受け付ける予定。また発売を記念して、カーボンセラミックブレーキやスパルコ製の軽量カーボンシートなどを装着した特別仕様を本国価格9万5000ユーロ(約1270万円)で発売するという。(関連ニュース)(写真=webCG取材チーム)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る