フランクフルトショー2015の会場から(その20)

2015.09.23 画像・写真

オペルはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「アストラ」を発表した。復活したドイツのブランド、ボルクヴァルトのクロスオーバーモデル「BX7」とともに画像で紹介する。(写真=webCG取材チーム)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • オペル・ヴィータGLS(4AT)【試乗記】 2001.2.21 試乗記 オペル・ヴィータGLS(4AT)
    ……187.0万円

    オペルの小型ハッチ、ヨーロッパでは「コルサ」、邦名「ヴィータ」の国内販売が、2001年2月1日から始まった。当面、輸入されるのは、1.4リッター+4段ATの5ドア「GLS」と3ドア「Swing」。「かわいいヴィータ……」からの脱皮を図り、先代より半まわり大きくなったコンパクトモデルはどうなのか?


  • オペル・ヴィータ スポーツ【試乗記】 2002.8.16 試乗記 オペル・ヴィータ スポーツ

    2002年モデルから導入された1.2リッターの最廉価ニューヴィータ。「イージートロニック」を搭載するスポーティモデルに、自動車ジャーナリストの下野康史が試乗した。
    会員コンテンツ「Contributions」より再録。


  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


ホームへ戻る