メルセデス・ベンツ日本は2015年9月28日、クリーンディーゼルモデル「C220d」のセダンおよびステーションワゴンを発表した。同日から注文を受け付け、10月1日に販売を開始する。

2.1リッター直4“BlueTEC”ディーゼルターボエンジン(170ps、40.8kgm)を搭載し、排出ガスに尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」を噴射して化学反応を発生させ、窒素酸化物(NOx)を削減する尿素SCR排ガス処理システムを採用している。JC08モード燃費はセダンが20.3km/リッターで、ステーションワゴンが19.6km/リッター。Cクラスとしては初めて9段ATが組み合わされる。車両価格はセダンが559万円、ステーションワゴンが595万円~679万円。(webCG)

関連記事 ホームへ戻る