「メルセデス・ベンツC220d」発表会の会場から

2015.09.28 画像・写真

メルセデス・ベンツ日本は2015年9月28日、クリーンディーゼルモデル「C220d」のセダンおよびステーションワゴンを発表した。同日から注文を受け付け、10月1日に販売を開始する。

2.1リッター直4“BlueTEC”ディーゼルターボエンジン(170ps、40.8kgm)を搭載し、排出ガスに尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」を噴射して化学反応を発生させ、窒素酸化物(NOx)を削減する尿素SCR排ガス処理システムを採用している。JC08モード燃費はセダンが20.3km/リッターで、ステーションワゴンが19.6km/リッター。Cクラスとしては初めて9段ATが組み合わされる。車両価格はセダンが559万円、ステーションワゴンが595万円~679万円。(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス 2018.2.23 画像・写真 ダイムラーは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、マイナーチェンジを施した「メルセデス・ベンツCクラス」を披露する。その姿を画像で紹介する。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
ホームへ戻る