2015年10月4日、「寺田陽次郎氏レーシングドライバー50周年を祝う会」がザ・プリンス パークタワー東京で開催された。


この会は、その名の通り“ミスター・ルマン”こと寺田陽次郎氏の現役生活50周年を記念したもの。1965年に「ホンダS600」でレースデビューを果たした寺田氏は、1969年にマツダオート東京に入社。「カペラ」や「サバンナRX-3」などをドライブし、ツーリングカーレースで活躍した。ルマン24時間レースには、1974年の初参戦以来、29回出場しており、その実績から2003年にルマン24時間レースを主催するACOの理事に就任。今日でも多方面で活動を続けている。


当日は、寺田氏と交友のあるレーシングドライバーや自動車業界関係者、芸能人などが出席。トークショーやライブに加え、寺田氏が発起人となって取り組んでいる、東日本大震災による被災児童の自立支援プログラム「Support Our Kids」のチャリティーオークションも行われた。


イベント会場から、印象に残ったシーンを写真で紹介する。


(写真=webCG 堀田、マツダ)