トヨタ自動車は2015年10月13日、新型「プリウス」の技術説明会を開催した。会場の様子を画像で紹介する。

新型はTNGA(Toyota New Global Architecture)の考え方に基づいたクルマづくりがなされており、走る楽しさや快適性の向上を目指して開発された。ボディーサイズは全長4540×全幅1760×全高1470mm。1.8リッター直4エンジンを中心にしたハイブリッドシステム「THS II」は小型・軽量化されている。駆動用バッテリーとしてニッケル水素だけでなくリチウムイオンを搭載するモデルが設定されるほか、後輪をモーター駆動としたE-Four(電気式四輪駆動システム)仕様も用意される。目標燃費は40km/リッター(JC08モード)。

実車は東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)で一般公開され、12月に発売される予定。(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ アクシオ ハイブリッドG(FF/CVT)/ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2015.6.17 試乗記 トヨタとホンダの最新コンパクトセダンに試乗。代表的な2台を比較しながら、かつて世のスタンダードとされていた4ドア車の“いま”をリポートする。
  • 【トミカNo.50】トヨタ・プリウス 2017.9.14 トミカ大写真展 「21世紀に間にあいました」というキャッチコピーを掲げて、1997年に登場したハイブリッドカー「トヨタ・プリウス」。現在のモデルはその4代目にあたり、JC08モード計測で40.8km/リッターという燃費を実現している。
  • スバルの「エクシーガ クロスオーバー7」がついに生産終了へ 2017.11.1 自動車ニュース スバルが2018年3月末をもって3列シート車「エクシーガ クロスオーバー7」を生産終了すると発表した。同車は「エクシーガ」ベースのクロスオーバーモデルとして2015年に登場。生産終了後は、一時スバルのラインナップから3列シート車が消滅することとなりそうだ。
  • トヨタが「プリウス」の20周年記念モデルを発売 2017.11.1 自動車ニュース
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記