スズキは2015年10月15日、コンパクトSUVの新型「エスクード」を発売した。
 
新型はモノコックボディーを採用し、さらにエンジン横置きのFFプラットフォームがベースとなったのが特徴。パワーユニットは1.6リッター直列4気筒エンジンに新開発の6段ATの組み合わせとなる。4WDシステムは「ALLGRIP」と呼ばれる電子制御式で、4つの走行モード切り替え機能を持つ。
またミリ波レーダーを用いた衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートII」や、「アダプティブクルーズコントロール」などの運転支援システムも搭載される。

(関連ニュース)

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
  • 【ジュネーブショー2017】スバル、ジュネーブショーで新型「XV」を世界初公開 2017.3.7 自動車ニュース 富士重工業は2017年3月7日、第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型「スバルXV」(欧州仕様)を世界初公開した。新しい「スバルグローバルプラットフォーム」を採用し、衝突安全性能や回避性能、ハンドリング、乗り心地を進化させた。
ホームへ戻る