スバルWRX STI S207

スバルのモータースポーツ活動を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)が、「スバルWRX STI」ベースのコンプリートカー「S207」を発表した。開発コンセプトは「究極のロードゴーイングSTI」というもので、足まわりやボディーに独自のチューニングを施している。

パワーユニットには、これまでと同じく、独自の改良を施した「EJ20」型2リッター水平対向4気筒ターボエンジンを採用。ボールベアリングターボの高効率化を図ったり、各部品のバランス取りをしたりといった改良を施すことで、328psの最高出力と44.0kgmの最大トルクを実現している。

関連ニュース

東京モーターショー2015
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • スバルが「レガシィ アウトバック/B4」をマイナーチェンジ 2017.9.4 自動車ニュース スバルは2017年9月4日、「レガシィ アウトバック/B4」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。今回の改良では、運転支援システム「アイサイト」や走行性能の強化、内外装デザインのブラッシュアップが行われた。
  • スバルWRX STI S207(4WD/6MT)【試乗記】 2015.12.19 試乗記 高性能スポーツセダンの「スバルWRX STI」をベースに、エンジン、制御システム、ボディー、シャシー、内外装と、STIが余すところなく独自の改良を施したコンプリートカー「S207」。400台限定のスペシャルモデルならではの、“ツルシのWRX STI”との違いを明らかにする。
  • スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表 2017.9.13 自動車ニュース スズキが4代目「スイフトスポーツ」を発表。“Ultimate Driving Excitement”をテーマに開発された新型は、軽量・高剛性プラットフォームの採用により70kgの軽量化を果たすとともに、パワフルな1.4リッター直噴ターボを搭載。走りと燃費を同時に高めている。
ホームへ戻る