ダイハツ・キャスト スポーツ

第44回東京モーターショーのさなかの2015年10月29日に発売された「ダイハツ・キャスト スポーツ」。「アクティバ」「スタイル」に続くキャスト第3のモデルは、軽オープンスポーツの「コペン」で培ったサスペンションチューニングや16インチサイズのタイヤなどを備えたスポーティーな仕様となっている。

パワーユニットはターボエンジンのみとなっており、自然吸気ユニットの設定はなし。トランスミッションはCVTで、MOMO製の本革巻きステアリングにはシフトパドルが装備される。

ラインナップは“SA II”のみのモノグレード。価格はFF車が162万円、4WD車が174万4200円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・キャスト スポーツ“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.12.12 試乗記 ダイハツから、ひとつの車型で3つのモデルを取りそろえる軽自動車「キャスト」が登場。今回はその中から、走りを追及した“第3のモデル”こと「スポーツ」に試乗した。「コペンの4人乗りをイメージして作った」とされる同車の特徴を一言で表すと……?
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • ダイハツ・キャスト アクティバGターボ“SA II”(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.4 試乗記 仕様やデザインの違いにより、「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」の3つのモデルを取りそろえる「ダイハツ・キャスト」。今回は、SUVライクなスタイリングと30mm高められた車高が特徴の「アクティバ」に試乗。ダイハツが誇る最新モデルの実力を確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る