2015年11月22日、富士スピードウェイにおいて「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2015」が開催された。トヨタのモータースポーツ活動を担う“GAZOO Racing”の名のもとに、国内外で活躍したレーシングカーやドライバーが一堂に介する、毎年恒例のイベントだ。今年は曇天の中での開催となったが、夜明け前となる朝6時のゲートオープンから数多くの来場者が並ぶ、にぎやかな一日となった。

本コースではパレードランをはじめ、「GR Nets Cup Vitz Race Grand Final決勝」や「GR 86/BRZ Race TGRF決勝」などといったワンメイクレース、プロドライバーの走りを助手席で体感できるレーシングカー同乗走行などを実施。イベント広場には数多くのショップのブースが並び、メインステージではレーシングドライバーによるトークショーやAKB48 Team 8によるパフォーマンスが催された。また、ダンロップコーナーの内側に設けられた「ラリーパーク」では、かつての世界ラリー選手権(WRC)チャンピオンであるトミ・マキネン氏や、トヨタ自動車の豊田章男社長のドライブによる、ラリーカーのパフォーマンス走行も披露された。このほかにも、今年はイベント広場の横のスペースに「ガールズパーク」が初登場。フレグランスの香り比べやスポーツ走行体験、ヤマハの電動バイクや電動アシスト自転車の試乗体験メニューなどが用意されていた。

こうしたイベントに加え、会場のあちこちではオーナーズクラブのミーティングが行われていた。「トヨタ2000GT」や「ハチロク」、GAZOOが手がけた「GRMN」「G’s」シリーズなどといったトヨタ車だけでなく、いすゞ車や三菱車のクラブも参加。「I Love Cars!」と銘打った、来場者が“最高の一台”を選ぶコンテストもあわせて行われた。

イベントのフィナーレとなったのは、夕方4時からのグリッドウォーク。これは、サーキットのメインストレートに並んだレーシングカーを間近に見ることができるというもので、今年もコースはファンでぎっしりと埋め尽くされた。

(文と写真=鈴木ケンイチ)