トヨタ自動車は2016年1月12日、北米国際自動車ショー(以下デトロイトショー、開催期間:2015年1月24日まで)で、レクサスの新型車「LC500」を世界初公開した。

同車は2012年のデトロイトショーに出展されたコンセプトモデル「LF-LC」のデザインをもとに開発された、レクサスのフラッグシップクーペである。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4760×1920×1345mm、ホイールベース=2870mm。クルマの骨格には新開発のFRプラットフォームを採用しており、フロントミドシップのエンジンレイアウトや高剛性ボディー、新設計のマルチリンク式サスペンション、カーボン素材などを活用した軽量化を通し、「すっきりとして奥深い走りの実現」を追求したという。

パワーユニットは「RC F」「GS F」などに採用されている自然吸気の5リッターV8エンジンで、トランスミッションには新開発の10段ATを採用。日本での発売は、2017年の春を予定している。(関連ニュース
 

関連記事
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
ホームへ戻る