トヨタ自動車は2016年1月12日、北米国際自動車ショー(以下デトロイトショー、開催期間:2015年1月24日まで)で、レクサスの新型車「LC500」を世界初公開した。

同車は2012年のデトロイトショーに出展されたコンセプトモデル「LF-LC」のデザインをもとに開発された、レクサスのフラッグシップクーペである。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4760×1920×1345mm、ホイールベース=2870mm。クルマの骨格には新開発のFRプラットフォームを採用しており、フロントミドシップのエンジンレイアウトや高剛性ボディー、新設計のマルチリンク式サスペンション、カーボン素材などを活用した軽量化を通し、「すっきりとして奥深い走りの実現」を追求したという。

パワーユニットは「RC F」「GS F」などに採用されている自然吸気の5リッターV8エンジンで、トランスミッションには新開発の10段ATを採用。日本での発売は、2017年の春を予定している。(関連ニュース
 

関連記事
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
    「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す
    2017.2.23 特集 ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
ホームへ戻る