ホンダのブースとはまったく別の、一般のショップが1台ずつクルマを並べるエリア。そこに何の表示もない2台のホンダ車を発見。話を聞けば、なんと「ホンダアクセスの有志によるスタディー的な作品」だという。レトロな「S660ネオクラシックコンセプト」とウッド敷きのリヤデッキを背負う「フレンドリー2シーターN-ONEピックアップトラック」。市販どころか、その検討の前というモデルだが、会場での評判は相当に良かったようだ。
(文=鈴木ケンイチ/写真=鈴木ケンイチ、webCG)