デトロイトショー2016(その5)

2016.01.16 画像・写真

トヨタ自動車はデトロイトショーで、米Kymeta社が持つ衛星通信技術を活用した、燃料電池自動車「ミライ」の実験車を参考出展した。

トヨタは、車載通信機(データ・コミュニケーション・モジュール)の搭載率を今後高めていくなど、クルマの「つながる」化に向けて取り組みを進めている。将来的には、大容量でデータ転送速度に優れた衛星通信の活用も視野に入れているという。(写真=佐藤靖彦)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ミライ(FF)【試乗記】 2015.4.20 試乗記 トヨタの量産型燃料電池車「ミライ」に、公道で試乗。走りに乗り心地、使い勝手、さらに燃料の補給まで、次世代型エコカーの“実際”をリポートする。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(FF)【試乗記】 2014.11.19 試乗記 トヨタから、燃料電池自動車(FCV)の「ミライ」がいよいよ登場。モビリティーの未来を担う次世代エコカーの、走りとパッケージングをチェックした。
  • マクラーレン、特別な仕立てが魅力の「570Sスパイダー」を受注開始 2018.4.24 自動車ニュース 英マクラーレンが「570Sスパイダー デザインエディション」の受注を開始。マクラーレンのデザインチームが各部のカラーリングやトリムを選定し、コーディネートしたもので、ホワイト、グレー、レッド、ブラック、ブルーのボディーカラーをベースとした、全5種類が用意されている。
  • そこにはどんなメリットが!?
    「三菱i-MiEV」が軽自動車を“卒業”した理由
    2018.4.25 デイリーコラム 2018年4月の改良で、登録区分が軽自動車から小型自動車へと変更された「三菱i-MiEV」。ランニングコストなどを考慮すると、メリットはなさそうに思えるのだが……。その背景にはどんな事情がある?
ホームへ戻る