日産自動車はデトロイトショーでインフィニティブランドの新型クーペ「Q60」と、フルサイズ・ピックアップトラックのコンセプトカー「日産タイタン ウォリアー コンセプト」を公開した。その姿を画像で紹介する。

Q60は、インフィニティのスポーツクーペとしては3世代目のモデルにあたり、これまでの2モデル「G35クーペ」「G37クーペ」については、日本では「スカイラインクーペ」という名称で販売されていた。エンジンは2リッター直4ターボと新開発の3リッターV6ツインターボで、後者については300hp仕様と400hp仕様の2種類を用意。トランスミッションにはいずれも7段ATが組み合わされる。

日産タイタン ウォリアー コンセプトは「タイタンXD」の高性能仕様を示唆したモデル。スタイリングは日産デザインアメリカが担当した。310hpと76.7kgmを生み出す5リッターV8ディーゼルターボエンジンを搭載している。(写真=佐藤靖彦)