アウディがジュネーブショー2016において、新型SUVの「Q2」を発表した。全長4.19mというボディーサイズが特徴のコンパクトモデルで、エクステリアの各部をユーザーの好みに応じてカスタマイズすることが可能。またボディーカラー、インテリアカラーともに鮮やかな色がラインナップされている。エンジンはガソリン、ディーゼル合わせ全6種類で、150ps以上のエンジンを搭載したモデルには、「クワトロ」フルタイム4WDが設定される。(関連ニュース

関連記事
  • アウディQ2 1.0 TFSI/Q2 1.4 TFSI COD/Q2 2.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.8.5 試乗記 既存の「Q3」よりも一段とコンパクトな、アウディの新型クロスオーバー「Q2」にスイスで試乗。その走行性能、そして若者層をターゲットにしたという仕立ては、今後日本市場で支持されるであろう魅力にあふれるものだった。
  • アウディ、マイナーチェンジした「A3」を発売 2017.1.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年1月26日、マイナーチェンジによりデザインやエンジンのアウトプット、装備の内容を変更した「A3」「S3」を発表し、同日より販売を開始した。
  • アウディ、Q2でコンパクトSUV市場に参入【ジュネーブショー2016】 2016.3.2 自動車ニュース アウディがジュネーブで新型SUV「Q2」を発表した。全長4.19mというコンパクトなモデルで、ガソリン、ディーゼル合わせ6種類のエンジンが用意されている。アウディはこのほかにも、高性能モデルの「S4アバント」や「RS Q3パフォーマンス」も出展している。
  • アウディQ2 2016.3.2 画像・写真 アウディが満を持してコンパクトSUV市場に参入。ニューモデルの「Q2」は全長4.19mという小柄なサイズが特徴のクロスオーバー車で、ガソリン、ディーゼル合わせ6種類のエンジンが用意されている。ジュネーブで発表された新型車の姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る