2016年3月1日に開幕した第86回ジュネーブ国際モーターショー。FCAはフィアットブランドの新型2シーターオープンカー「124スパイダー」と、そのアバルトバージョン「アバルト124スパイダー/124ラリー」を発表した。また、本国イタリアで発売したばかりの新型「ティーポ」を展示した。(写真=webCG取材チーム、FCA)

関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.19 試乗記 フィアットの往年の2シーターオープン「124スパイダー」が、アバルトブランドの下でよみがえった。「マツダ・ロードスター」の骨格を持つ現代の124スパイダーの走りやいかに? 富士スピードウェイからの第一報。
  • 第4回:バラエティー豊かなモデルが勢ぞろい
    輸入車チョイ乗りリポート~600万円から1000万円編~
    2017.3.10 特集 年に一度のインポートカーの祭典、JAIA合同試乗会の会場から、「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」「ポルシェ718ケイマン」「ボルボV60ポールスター」「ロータス・エキシージ」の走りをリポートする。
  • アバルト124スパイダー 2016.7.4 画像・写真 FCAジャパンが「アバルト124スパイダー」を日本で初公開する。場所は千葉の幕張メッセで、8月5日~7日にかけて開催される、「AUTOMOBILE COUNCIL 2016」に出展される。いよいよ本邦初公開となるオープンスポーツカーの姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る