ジュネーブショー2016の会場から(その6)

アルファ・ロメオ・ブースの話題は新型セダン「ジュリア」のバリエーション追加。すでに発表済みの2.9リッターV6ターボエンジン(510ps)搭載の高性能グレード「クアドリフォリオ」に加え、2種類の2.2リッターディーゼル(150psと180ps)と2リッターガソリンターボ(200ps)を搭載する後輪駆動仕様が公開された。欧州市場などでは2016年4月15日から予約注文を受け付けるという。

このほか、フェイスリフトを施した「ジュリエッタ」なども展示された。(写真=webCG取材チーム、FCA)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
ホームへ戻る