ジュネーブショー2016の会場から(その6)

2016.03.04 画像・写真

アルファ・ロメオ・ブースの話題は新型セダン「ジュリア」のバリエーション追加。すでに発表済みの2.9リッターV6ターボエンジン(510ps)搭載の高性能グレード「クアドリフォリオ」に加え、2種類の2.2リッターディーゼル(150psと180ps)と2リッターガソリンターボ(200ps)を搭載する後輪駆動仕様が公開された。欧州市場などでは2016年4月15日から予約注文を受け付けるという。

このほか、フェイスリフトを施した「ジュリエッタ」なども展示された。(写真=webCG取材チーム、FCA)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • 新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」が上陸
    その初代モデルはこんなクルマだった!
    2017.9.22 デイリーコラム 2017年10月14日に国内販売がスタートする、アルファ・ロメオのスポーツセダン「ジュリア」。その車名を持つモデルは、半世紀以上前にも存在した。では、往年のジュリアとは一体どんなクルマだったのだろうか? ここで歴史をひも解いてみよう。
  • 新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」が日本上陸 2017.9.6 自動車ニュース FCAジャパンは2017年9月6日、高性能スポーツサルーン「アルファ・ロメオ・ジュリア」を発表した。同年10月14日に、全4モデルのラインナップで販売を開始する。価格は446万円から1132万円まで。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る