ジュネーブショー2016の会場から(その9)

2016.03.04 画像・写真

 

2016年3月1日に開幕した第86回ジュネーブ国際モーターショー。マセラティは新型SUVの「レヴァンテ」を発表した。

ボディーの基本構造はセダンの「クアトロポルテ」や「ギブリ」から受け継いでいる。エンジンはガソリンが3リッターV6ツインターボとディーゼルが3リッターV6ターボというラインナップ。ガソリンユニットには、350psの「レヴァンテ」と、430psの「レヴァンテS」の2種のバリエーションが用意される。駆動方式は4WDのみ。トランスミッションはすべて8段ATとなる。

0-100km/h加速のデータは、ガソリン350ps版:6.0秒、ガソリン430ps版:5.2秒、ディーゼル:6.9秒。最高速は順に251km/h、264km/h、230km/h。(写真=webCG取材チーム)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • マセラティのモデルラインナップが2018年型へと進化 2017.11.8 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2017年11月7日、東京・六本木のグランドハイアット東京において、マセラティの2018年モデルのフルラインナップを披露した。2018年モデルでは、先進運転支援システムの強化などが行われている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(後編) 2017.1.5 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「マセラティ・レヴァンテ」がテーマ。マセラティ初のSUVはどんな人にお薦めか? 谷口視点で分析する。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.4 試乗記 デザインはもちろん、走りにおいてもライバルとは趣を異にする新型「ボルボXC60」。シャシーのチューニングから運転席まわりのインターフェイスに至るまで、すべてが丁寧に作りこまれたこのクルマの特徴をひとことで言い表すと……。
ホームへ戻る