「横尾忠則×smart オープニング・レセプション」の会場から

2016.03.05 画像・写真

2016年3月4日、東京・六本木のメルセデス・ベンツ コネクションにおいて、「横尾忠則×smart オープニング・レセプション」が開催され、画家 横尾忠則氏が手がけた「スマート・フォーフォー」のアートカーが披露された。このアートカーは、「彫刻の森美術館」で開催される横尾氏の展覧会「横尾忠則 迷画感応術」(会期:2016年3月19日~8月28日)に出展されるもので、横尾氏にとっては、JR加古川線のラッピング電車に続く“走るアート”。同展覧会をメルセデス・ベンツ日本が特別協賛することから、今回、制作・出展が実現した。作品になったスマート・フォーフォーの姿、そしてレセプションの様子を、写真で紹介する。
(文と写真=webCG 関 顕也<text & photo=Kenya Seki>)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
  • 「スマート・フォーフォー」生産中止へ、欧州版「コルト」は生産継続 2006.3.31 自動車ニュース ダイムラー・クライスラーは、苦戦しているスマート部門のスリム化の一環として、初の“2人乗り以上モデル”「スマート・フォーフォー」生産中止の意向を、2006年3月25日に表明。これを受けて、生産を担当した三菱自動車は、生産中止の協議を始めることで両社合意に至ったと3月30日に発表した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • スマートのラインナップに「BRABUSスポーツ」追加設定 2017.8.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年8月30日、スマートのモデルラインナップに「BRABUSスポーツ」を追加設定し、販売を開始した。BRABUSスポーツは、スマートのターボ車をベースに、高性能バージョン「スマートBRABUS」デザインの内外装パーツを装着したモデルである。
ホームへ戻る