「横尾忠則×smart オープニング・レセプション」の会場から

2016.03.05 画像・写真

2016年3月4日、東京・六本木のメルセデス・ベンツ コネクションにおいて、「横尾忠則×smart オープニング・レセプション」が開催され、画家 横尾忠則氏が手がけた「スマート・フォーフォー」のアートカーが披露された。このアートカーは、「彫刻の森美術館」で開催される横尾氏の展覧会「横尾忠則 迷画感応術」(会期:2016年3月19日~8月28日)に出展されるもので、横尾氏にとっては、JR加古川線のラッピング電車に続く“走るアート”。同展覧会をメルセデス・ベンツ日本が特別協賛することから、今回、制作・出展が実現した。作品になったスマート・フォーフォーの姿、そしてレセプションの様子を、写真で紹介する。
(文と写真=webCG 関 顕也<text & photo=Kenya Seki>)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマート・フォーフォー パッション(RR/6AT)【試乗記】 2016.1.26 試乗記 新しい顔を得て、一段と立派に生まれ変わった新型スマートシリーズ。その本命ともいえる4人乗りの「フォーフォー」に試乗した。ドイツからやってきた新しいシティーコンパクトは、こんな人にお薦めだ。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記
  • ホンダがマイナーチェンジ版「オデッセイ」の情報を先行公開 2017.9.28 自動車ニュース