2016年3月27日、栃木県佐野市にある富士重工業のスバル研究実験センター(SKC)において、「スバルファンミーティング」が開催された。これはメーカー主催としては初の試みとなるスバルオーナーおよびファン向けのイベントで、参加希望者を募集。当日は、約3倍の競争率をくぐり抜けた1000台のスバル車に乗って、およそ2500人が来場した。プログラムは車両展示をはじめ、開発者やプロドライバーのトークショー、車種ごとのオーナーズミーティング、DNAフォーラムと題された技術プレゼンテーションおよびディスカッション、全長約4.3kmの高速周回路の高速走行同乗体験、大型バスでSKC施設内を巡るバスツアーなど盛りだくさん。幻の試作車を含む歴代スバル車をおさめた技術資料館の公開も、ファンにはうれしいコンテンツだった。フィナーレとなる高速周回路のパレードランまで、スバルファンでにぎわった会場の様子を紹介しよう。(文=沼田 亨/写真=沼田 亨、富士重工業)