シトロエンC3

グループPSAは2016年6月29日、新型「シトロエンC3」の概要を発表した。

C3はシトロエンがラインナップするBセグメントのコンパクトモデルであり、2002年の初代登場以来、累計で350万台以上が販売されている。

今回発表された新型のボディーサイズは全長×全幅×全高=3.99×1.75×1.47m、ホイールベース=2.54m。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインが特徴で、ドアパネルにはC4カクタスと同じく、ポリウレタン製のエアクッションである「エアバンパー」を装着できる。

パワーユニットは最高出力が異なる3種類の3気筒ガソリンエンジンと、「BlueHDi」と呼ばれる2種類のディーゼルエンジンが用意されており、トランスミッションにはMTに加えて「EAT6」と呼ばれる最新世代のATも用意される。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
ホームへ戻る