シトロエンC3

2016.06.30 画像・写真

グループPSAは2016年6月29日、新型「シトロエンC3」の概要を発表した。

C3はシトロエンがラインナップするBセグメントのコンパクトモデルであり、2002年の初代登場以来、累計で350万台以上が販売されている。

今回発表された新型のボディーサイズは全長×全幅×全高=3.99×1.75×1.47m、ホイールベース=2.54m。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインが特徴で、ドアパネルにはC4カクタスと同じく、ポリウレタン製のエアクッションである「エアバンパー」を装着できる。

パワーユニットは最高出力が異なる3種類の3気筒ガソリンエンジンと、「BlueHDi」と呼ばれる2種類のディーゼルエンジンが用意されており、トランスミッションにはMTに加えて「EAT6」と呼ばれる最新世代のATも用意される。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ 2018.3.22 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、コンパクトハッチバック「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。価格は「フィール」が従来から3万円アップの219万円、「シャイン」が同じく4万円アップの243万円。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る