「モータースポーツジャパン2011 フェスティバル イン お台場」(後編)

2011.11.04 画像・写真

2011年10月29-30日、東京・江東区青海で「モータースポーツジャパン2011 フェスティバル イン お台場」が開かれた。日本におけるモータースポーツの認知および地位の向上を目的として、2006年から始まったこのイベント。日常生活では接する機会の少ないモータースポーツを身近に体験してもらうべく、会場を都内の観光スポットに設け、入場無料で家族連れや子供でも楽しめるプログラムも設けるといったコンセプトのもと、自動車メーカーやタイヤメーカーが中心となって企画された。

今回で6回目を迎え、すっかりおなじみとなった感があるが、会場のレイアウトやプログラムは年々マイナーチェンジを重ねてきている。とはいえ、プログラムの中心が特設コースにおけるレーシングマシンのデモランであることに変わりはない。特設コースのあるA会場には、各メーカーやチューナー、ショップなどがブースを構え、歴代のマシンを展示するとともに、それぞれ趣向を凝らしたアトラクションを実施。今回は隣接するC会場にメインステージが設置され、そちらではドライバーのトークショーやグランツーリスモ対決などが行われた。またC会場には、往年のコンペティションマシンを模したレプリカカーやヒストリックカーも展示された。さらにA会場およびC会場と道を挟んだB会場では、昨年と同様に自動車メーカーおよびインポーターの協力による新型車の試乗会などが行なわれた。

主催者発表による2日間の入場者数は10万3285人で、10万人を割って過去最低を記録してしまった昨年より1万人以上多く、一昨年のレベルに戻った。世間では若者層を中心としたクルマ離れが喧伝されるなか、モータースポーツ、ひいてはクルマ文化を盛り上げようと、このイベントの開催に尽力している関係者の努力に敬意を表したい。ということで、会場で印象に残ったマシンやシーンを紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)
(前編はこちら)

あなたにおすすめの記事
新着記事