ルノー・トゥインゴ

2016.07.13 画像・写真

ルノー・ジャポンが、3代目となる新型「トゥインゴ」を2016年9月15日に発売すると発表した。グレードは「インテンス」と「インテンス キャンバストップ」の2種類で、エンジンには0.9リッターターボを、トランスミッションには6段デュアルクラッチ式ATを採用している。また、スポーティーなデザインが特徴の「パックスポール」、自然吸気エンジンに5段MTを組み合わせた「サンクS」という2種類の限定モデルも設定。販売台数はそれぞれ50台となっている。各モデルの姿を写真で紹介する。

→関連記事「新型『トゥインゴ』に見るルノーの日本戦略」
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』の実車を写真で紹介」
→関連記事「ルノー、RRとなった新型『トゥインゴ』を日本に導入」
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』に2つの限定モデル」
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』発表会の会場から」

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
ホームへ戻る