ルノー・トゥインゴ

ルノー・ジャポンが、3代目となる新型「トゥインゴ」を2016年9月15日に発売すると発表した。グレードは「インテンス」と「インテンス キャンバストップ」の2種類で、エンジンには0.9リッターターボを、トランスミッションには6段デュアルクラッチ式ATを採用している。また、スポーティーなデザインが特徴の「パックスポール」、自然吸気エンジンに5段MTを組み合わせた「サンクS」という2種類の限定モデルも設定。販売台数はそれぞれ50台となっている。各モデルの姿を写真で紹介する。

→関連記事「新型『トゥインゴ』に見るルノーの日本戦略」
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』の実車を写真で紹介」
→関連記事「ルノー、RRとなった新型『トゥインゴ』を日本に導入」
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』に2つの限定モデル」
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』発表会の会場から」

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」が日本上陸 2017.9.6 自動車ニュース FCAジャパンは2017年9月6日、高性能スポーツサルーン「アルファ・ロメオ・ジュリア」を発表した。同年10月14日に、全4モデルのラインナップで販売を開始する。価格は446万円から1132万円まで。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
ホームへ戻る